HOME>記事一覧>良性の腫瘍ですが、大きくなると組織や臓器を圧迫します

片方の耳の聞こえが悪くなります

医者と看護師

聴神経腫瘍は脳幹に伝達する神経に、出来る良性の脳腫瘍のことです。片方の耳の聞こえが悪くなるため、難聴だと感じて耳鼻咽喉科や脳神経外科などを受診すると、病気が診断されることがあります。放置をしておくと、他の組織を圧迫する原因になります。

外科手術で病巣を取り除きます

聴神経腫瘍はMRIなどの検査で発見されることが多く、内服薬による治療は行わないことが多いです。聴神経腫瘍の治療は放射線や外科手術などを行います。外科手術で病巣を取り除くことで、再発を防ぐことが出来ます。繊細で高い技術が必要なので、患者数の多い脳神経外科のクリニックを選ぶことが大事です。腫瘍が小さいうちに取り除くことで、体の負担を減らすことが出来ます。突発性難聴などに症状が似ており、めまいなどが見られることもあります。

短時間で外科手術が出来ます

聴神経腫瘍は良性の腫瘍ですが、大きくなってくると周辺の組織や臓器などを圧迫する原因になります。耳鼻咽喉科や脳神経外科では、腫瘍が小さい場合は経過観察をすることもあります。腫瘍が小さい場合は、短時間で外科手術を終えることが出来ます。信頼できる病院を選ぶと、豊富な知識や経験を持った医療スタッフが担当してくれます。適切な治療を受けることで、通常通りの生活が出来ます。

広告募集中